これで管理も楽々!POSレジ比較サイト

Home > POSレジとは > 低予算でも導入可能なPOSレジと活用方法

低予算でも導入可能なPOSレジと活用方法

 お会計時のPOSレジは大型機器のイメージもありますが、タブレットのようにコンパクトタイプも登場しています。POSシステムはいわばパソコンソフトと同じような性質があり、インストール可能な端末であればレジとして機能する仕組みです。
現金保管用のドロアのほか、スキャナーやプリンターなどと接続でき、必要な機器のみでも操作ができます。個人商店や比較的小さな店舗においてはタブレットタイプに人気が集まり、低予算でありながら高性能のレジに移行できると好評です。例えば店舗の面積が狭い場合、レジカウンターの撤去により売り場スペース拡大が実現します。現金の入ったドロアはバックヤードや見えない部分に設置できますので、盗難防止にも役立つことでしょう。また、通常のタブレットとしても機能するため、在庫を保管せずに商品写真や動画によるおすすめも可能です。


飲食店の経営を大いに助けるPOSレジ

 飲食店では、常にお客様の注文内容を把握したり変更する必要性が出てきます。注文が変更になったら新しい注文を厨房に逐一報告していました。しかし、これでは厨房に伝達されるまで時間がかかりますし、料理が来るのも遅くなります。人がやる場合は注文ミスをすることも度々ありました。そんな時に役に立つのがPOSレジです。店舗に設置するだけでなく小型のスマートデバイスもあります。POSレジなら注文の変更も瞬時に反映され、注文ミスも起こしません。
また、お客様が注文する際の細かい情報も一括管理することができます。全ての情報はクラウドで管理されて常に正確な注文が可能になりました。また、POSレジは売上の管理だけでなく、従業員の勤怠管理や商品の在庫管理も行えます。店舗に設置するタイプは費用が割高ですが、スマートデバイス型であれば安く導入できます。


人手不足の今こそPOSレジの導入を

 POSレジはチェーン店が導入するものだと考えていませんか。在庫管理や売上管理が必要なのはチェーン店だからというイメージがありますが、個人店だから必要ないというわけではありません。それどころか、個人店だからこそ導入したほうが良いケースもあります。人手不足が深刻な昨今、多くの個人店が少ないん人数で業務をこなしています。店内の業務のなかでも、もっとも気を使う業務が会計業務なのではないでしょうか。
POSレジを導入することでその会計業務をスムーズに行うことができるだけでなく、釣り銭の間違いや違算によるタイムロスを少なくすることができます。また、人数が少ないとなかなかできない売上管理や在庫管理もできます。まるで人を1人雇ったように業務に余裕ができるでしょう。導入には費用がかかりますが、従業員をなかなか増やすことができない個人店こそ導入のメリットが感じられるのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー