これで管理も楽々!POSレジ比較サイト

Home > POSレジとは > POSレジによる販売の情報管理

POSレジによる販売の情報管理

POSレジとは店頭で商品を販売する際にスキャナでバーコードを読み込む事により、販売時にその場で瞬時に販売品目・個数・価格を登録出来るシステムです。
このシステムを導入することによって、手書きによる帳簿付けに係る時間を短縮することができ、スムーズな接客・販売が可能になります。
また、その情報を蓄積・管理することによって一日のうちのどの時間にどのような商品が売れたかという短期的な情報、どの季節にどのようなものが売れたかという中期的な情報、過去数年のうちのトレンドがどのような傾向にあるのかという長期的な情報等の時系列情報や複数展開されている店舗ではどの地域でどのような商品が好まれているのかという地域情報を使って適切な時間・時期・場所に適切な商品を提供できるといったマーケティングに活用することが出来ます。



POSレジシステムは効果的な機能が充実しています

オーソドックスなレジのケースでは、営業時間が終了してから1日の販売数の計算並びに在庫状態を報告することが不可欠です。
会計及び売上管理は別の作業になりしたがって、2度手間になります。
一方でPOSレジにつきましては、販売品が売れた時に売り上げに関係するデーター数値を記録してストックすることが実現可能です。
営業時間に左右されず関心を持っているデータを目にすることもできます。
販売品のストック品が減少してきたらオートマチックにアラートが出現する機能が整備されているPOSもあります。
したがって、スピード優先のコンビニで役立ちます。
品薄後で気が付いて急いでオーダーするという問題点もなくなります。
1日の販売動向をタイムリーに把握できるので、フレキシブルに対応できます。
加えて、スタッフの勤怠時間を確認する機能が実装されているPOSレジも存在します。



POSレジシステムは業務の効率化を図れます

飲食業を展開している方の中には、レジ会計の処理法をスムーズに行ないたい、或いはスタッフの工数を少なくしたいとお考えの人は多いといえます。
とりわけ、居酒屋などは、あらためていうまでもなく、 ほかの店とは異なりまして、注文の頻度が数多くなってしまいます。
そのため、スタッフの接客に関する工数においても、相当増加することになります。
こうした場合、POSレジシステムは、非常に役立ちます。
また、近頃では、タブレットメニューをテーブルにセッティングする店が増加していますが、POSレジシステムを活用すると、店での仕事の流れが大きく変わり、多くのメリットがあると言えましょう。
現実の上で導入した店舗の運営者などの口コミを確認する事によって、システム導入すべきかどうかを戸惑っている場合に後押しして貰えるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー