これで管理も楽々!POSレジ比較サイト

Home > POSレジとは > POSレジの機能について

POSレジの機能について

スーパーマーケットなどで良く見かけるのが、POSレジです。
もはや最近では、ちょっとした一般の小売店などでもPOSを使っている所もある程、機能も充実していてとても便利です。例えば、電卓を使って、その日の売り上げの集計をわざわざ計算しなくても、集計ボタンを押すだけで、レジ自体がサクサク計算してくれます。そもそも商品を登録しておきさえすれば、レジ打ちの時にわざわざ金額を入力せずとも、センサーが働いて、ピッと金額を提示してくれます。バーコードを読み込み、それに連動して金額を認識してくれる、何とも賢いレジスターです。最近ではバーコードを付けにくいパンなどの食材なども、パンの形状やや惣菜の具の種類などから認識させて、読み込む事が出来るレジも開発されつつあります。
パン屋でひとつひとつ、お値段を覚えるのは、結構大変ですが、こんな商品がもっと普及したら、パン屋のアルバイトも楽しくなるでしょう。

スーパーマーケットのレジは、JANと呼ばれるバーコードを読み取る事で、効率化を図っていますが、それだけでなく、外食産業のチェーン店のレストランなどに行けば、今度はメニュを取るハンディターミナルと、連動しています。これと一緒にお客様にオーダーを取ったメニュウのデーターが厨房へも連動して飛んでいく様な仕組みになっていて、わざわざ伝えに行く必要はありません。このひと手間が省けて、厨房も、フロアラウンドの効率はとても良くなっています。
ウエイトレスさんをあまり置かなくても、過度期でなければ効率よく回って行きますから人件費も浮かせる事が出来、企業としてもぜひ使いこなしたい所です。
最近では更に進化して、メニュウ表を廃止して、タブレットで注文を行うお店も増えています。ここまで画期的になると、オーダーを取りに行くと言う行為もカットする事が出来ます。無造作に置いてある場合もありますし、某回転すしチェーンなど、ゲームなども交えて子供にウケる様に設置されたりとその趣旨も様々です。

どんどん進化しているレジスターですが、最初の初期投資は結構お金もかかります。
でも、導入してしっかりメーカーの方が指導を行ってくれますし、最近の若い人は機械などの端末の扱いもとても上手ですから、すぐに覚えて使いこなしてくれます。一見聞くと難しそうですが、取扱いは簡単で、それでいて各部門がとてもシンプルに絡み合って、効率化を図っているレジが殆どですから、操作を覚えてしまえば楽々です。

カテゴリー